クレジットカードの現金化って安全なの?違法にはならない?

クレジットカードの現金化と聞くと、それって本当に安全なのかと思ってしまうのは、当然のことですよね。

違法だったらどうしようとか、騙されたらどうしようとか考えてしまうのは、当然のことです。

できるだけ安全に、クレジットカードの現金化をするにはどうしたら良いのでしょうか。

どういった業者なら安全に、現金化が出来るのでしょうか。

クレジットカードの現金化ってまさか…!?

クレジットカードで現金をと言う広告、見かけたことはありませんか。

結構町中にも貼ってあったりしますね。

ネット広告でも見かけます。

何も知らずにこれを見ると、まるでクレジットカードを売ってお金を手に入れるように見えてしまいます。

これって危険なんじゃないの、と思う人は多いはずです。

でも安心して下さい。

決してこれ、カードを売ってなどということではありません。

実はクレジットカードで買い物することによって、現金を手に入れることが出来る1つの方法です。

そのための業者が、数多く存在するのです。

クレジットカードはあるけど現金が手元にない、給料日までまだ日があるのに急に現金が必要になった、などという時に利用ができるのです。

ローンはちょっとしたくない、等という人や、ローン会社に頼むほどの金額ではないと言う人にもおすすめです。

クレジットカードの現金化はどうやるの?

実のところクレジットカードの現金化というのは、業者によってやり方が違います。

大雑把に言うと、2種類のやり方があるのです。

業者によってこれが違うので、まずここを押さえておく必要があります。

1つは、業者に頼まれた品をクレジットカードの購入して、それを業者に買い取って貰う方法です。
買ったものを売る、と言う感じですね。

もう1つは、業者が提供する品を購入して、購入後にキャッシュバックを受け取る仕組みです。

品物自体は勿論値打ちもないものですので、業者にはさして負担もかかりません。

この2つの方法が、クレジットカードの現金化の代表的な方法です。

ではどちらの方法をとっている業者が、安全に利用できるのでしょうか。

商品買取方式の現金化とは?

業者に頼まれた品を購入してそれを業者に売る、業者は差額を収入にするやり方です。

これ正直、個人でもやっている人がいるはずです。

せっかく買ったブランド品だけどどうしても急に現金が必要になった、などと言う時にオークションに出してみたり知人に買ってもらったりしますね。

これもいわゆる転売での現金化です。

ならば安全なのかと言うと、これ実は場合によっては違法になるのです。

もしすでにカード会社への支払いも済んで、その品が完全に自分のものになっている場合は、特に問題ありません。

しかしカードで購入してすぐに転売する場合は、この品物自体の所有権は実はカード会社にあるのです。
引き落としされていないから、当然のことです。

個人で転売する場合は、支払い済みのものなら問題はありません。

しかし業者に頼んだ場合、これすぐに転売の形になりますね。

所有権がカード会社にある品を、勝手に他に売ってしまうのですから、これは横領になってしまう危険性があるのです。

現金化業者を選ぶ時に、安全にと思った場合はこの商品買取の方法をとっていない業者に頼むのが、おすすめです。

キャッシュバック方式の業者なら安全

さてもう1つの方法、キャッシュバック方式です。

こちらは品物を買ってもらった場合に、キャッシュバックするという形での現金化なので、違法にはなりません。

でもキャッシュバックなんて普段は早々ない、と考えてしまいますが、ポイントもまた一種のキャッシュバックですね。

品物購入の時にその一部をポイントで還元するのですから、少額ではあるけれどキャッシュバックであることも事実です。

つまり世の中、キャッシュバックは溢れかえっています。

その方式をとってクレジットカードの現金化をするのですから、これは違法にはなりません。

安全に現金化が出来るのです。

まとめ

キャッシュレス時代と言っても、どうしても現金が必要になることはまだまだあります。

予定のない支出、特に不祝儀などは思いもかけない時に襲いかかってくるものです。

そんな時に手元に現金がない、銀行にも今あまり残金がなどという場合、クレジットカードの現金化をするのも一つの手です。

勿論きちんとした業者、キャッシュバック方式をとっている安全に現金化のできる業者を選ばなくてはなりません。

それさえクリアできれば、問題なく急場がしのげます。

安全第一にクレジットカードの現金化をするには、何よりも業者選びからと心得ておいて下さい。

クレジットカード現金化業者比較サイトのご案内