業者に頼むのもいいけど自分でクレジットカードの現金化をおこなう

By auzaganin /

急に現金が必要になってしまって、でもローン会社はなんとなく怖いし、と気がついてみたらクレジットカードの現金化と言う手も、あるのですよね。

実際に利用した人は、かなりの数に上っています。

でもこれまたふと思いつくと、これなら自分でも出来るんじゃない、業者に手数料を払うよりも自分でやったほうが良くない、そんな気持ちにもなります。

自分でやるクレジットカードの現金化って、どんなものなのでしょうか。

クレジットカードで買い物する時の仕組みを考えてみよう

現金化を考える前に、クレジットカードで買物した時の仕組みを、まず頭に入れておきましょう。

クレジットカードを使用して買い物すると、その場で品物は手に入ります。

自分のものになった、と言う気持ちになりますね。

でもこれ、細かく言うとまだ自分のものとは言えないのです。

カード会社が、利用者の代わりに店にお金を払っている形ですので、実は購入したばかりの品の所有権はカード会社にあるのです。

まだ自分のものとは、完全には言えない状況ですね。

カード会社の決済後、本当に品物は自分のものになります。

無意識に自分てやっている現金化もある

意識的にではなく、無意識に自分でクレジットカードの現金化をやっている場合もあります。

例えば、友達と食事をしたらお金が足りなくて、じゃあ自分がカードでまとめて払うので、そっちの分は自分に現金を渡してということ、ありませんか。

これもある意味、クレジットカードを利用した現金化の一種です。

食べ物なので後には残らない分、所有権がどうのということはありませんが、実際にはカード会社に友人の食事代も含めて借りを作っていることになります。

また、ほしいなと思って購入した品、ブランド品などが実査に見てみたら気に入らなくて、オークションに出して売るというのも、これも現金化の一種です。

誰かの代わりに買い物に行って、カードで支払いをした跡で代金を頼んだ人から受け取る、これも現金化と言えるでしょう。

結構意識せずにやっている現金化、無いとは言えないのです。

自分で無意識やっていることが多いなら安全なの

しかし自分でやる現金化というのは、場合によっては違法になることもあります。

クレジットカードの仕組みにより、品物は手元にあってもカード会社への支払いがまだの時は、品物の所有権はカード会社にあるのです。

きつい言い方をすると、まだ他人のものなのです。

それを使用するというのはまだしも、勝手に売り払ったらこれ横領罪にもなってしまいます。

自分でやる現金化というのは、実はかなり危険なのです。

また無意識にやっているなどの場合は、額もそうは多くありませんし、頻繁にも行われません。

なのでカード会社の方も、特に注意を払わないのです。

実際に自分のために利用した結果、偶然にも現金化というタイプなら、それほど問題にならないということです。

しかし転売を目的とした、意識的に現金化を自分でしてしまう場合、2つの大きな危険があります。

1つは古物営業法違反です。

利益目的の古物の転売には、許可が必要なのです。

もう1つは勿論、横領ですね。

そしてブランド品などの買い物があまりに頻繁だと、カード会社の方でも目を配るようになります。

利用停止にまで発展することがあるので、注意したいですね。

意識的にやる、自分でのクレジットカードの現金化は、割りに合わないと言うしかありません。

こんなケースなら大丈夫

では自分でカードを使って購入した品、これをオークションなどで売るというのはいけないことなのか、と言う疑問も出ますね。

勿論、店を出してなどということでなければ、しかもカード会社への支払いも済んでいるのなら、これは可能です。

要らなくなったブランド品を、捨てるのは惜しいからオークションに、などというのは完全に問題ありません。

エコのための再利用としても、大変に有効ということです。

ただこういった場合、それなりに時間も手間もかかるというのは、これまた事実です。

ブランド買取などのお店を利用したほうが、面倒無いですよね。

まとめ

実際のところ、自分でクレジットカードの現金化が出来ないわけではありません。

しかし危険もあり、結果的に見て見返りも少ないです。

ブランド品を購入して、それを現金化する場合でも、オークションなら手間隙かかります。

即現金が手に入るわけではありません。

買取専門店でも、ものによっては買い叩かれたりもします。

面倒な割に、時間もかかりあまり得にもなりません。

なのでクレジットカードの現金化も、プロに任せるのが最もおすすめです。

違法性のない、キャッシュバック方式をとっている業者を探して、換金率などにも気を配って安全に現金化をしていって下さい。